×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ノーマライゼーション

(デンマークではノーマリゼーション)


ノーマライゼーションの理念
デンマークのN・E・バンク・ミケルセンが創る。
一般的には、障害者や高齢者など社会的に不利を受けやすい人々が、社会の中で他の人々と同じように生活し、活動することが社会の本来あるべき姿であるという考え方をいいます。現代の社会福祉において、最も重要な基本理念であるといえます。

 発端は1950年代、デンマークで巨大施設に隔離された知的障害のある子供たちが施設の中で、多くの人権侵害が行われていることを知り、親の会が子どもたちを地域に帰し、この状況を改善しようという運動からスタートしました。


 日本の障害者福祉の歴史をさかのぼっても、障害者は健常者と区別され福祉施策も施設入所を中心とされていました。

 障害者であろうと健常者であろうと、同じ条件で生活を送ることができる成熟した社会に改善していこうという営みのすべてをノーマライゼーションといい、障害者が障害がありながらも、普通の市民と同じ生活ができるような環境づくりこそがノーマライゼーションの目的です。